意図的に空腹なしで体重を減らすための5つの秘訣

image_content_high_49228029_20140721114037

多くの人にとって、体重をすることは、大変難しい課題だ。誰も、ちょっとのサラダを食べた後の空腹状態でいたくないし、何人かは、運動さえもしたくないだろう。「それならば何をすることが出来る?」

 

本「Know What To Eat」に答えが書いている。5つのアドバイスをあなたと一緒に共有しよう。

 

①    緑色のバナナ

 

緑のバナナを摂取することは体重を減らすのにとても良い。なぜなら、消化・吸収されない多くの食物繊維を含んでいるからだ。腸内のバクテリアのような働きを行う。もし、コンフレークが好きでないなら、緑色のバナナは良い代換案になるだろう。

 

②    乱用しない

 

多くの人が肉の代わりに豆腐を用い、健康に良いだろうと考えている。知られていないことは、豆腐は、肉が補うべき基礎ミネラル成分(カルシウム・マグネシウム・銅・鉄分など)の摂取を防いでいることになる。肉はダイエットをする上で悪くない。ただ、きちんとした量と魚も肉として選択肢にいれるべきだ。

 

 

➂炭水化物に注意して

ジャガイモは満足感を与えるけど、またすぐ空腹になるって知ってた?時々、炭水化物が私たちの体重に大きな影響を与えることを知らずに、油分の多いものを減らすことに注意がいきやすい。適量の摂取か、代わりに野菜を食べることが必要。

 

④    ピューレを減らして

 

もしあなたがジャガイモを大好きなら食べても良い。だけど、ピューレを避けるべきだ。ジャガイモをすり潰し、食べると血液中へ糖分が吸収されやすくなる。

あなたが弱っている時、逆にこの方法で通常より25%増の砂糖を加えたほうが良い。大切なことは、まな板でジャガイモを切った後、オーブンに入れて食べることである。

 

⑤    水を揚げる

これはアジアの技術で、油に少し水を入れる、そうすると限界温度に達しやすくなり、速く調理することが出来る。フライパンで上げる時間を減らせば、その分揚げることによる油の付着が減る。

引用:Correo

こちらから原文を読むことが出来ます。

日本とは違ったダイエット方法で、確かにぺルーでは、ほぼ毎日ジャガイモを食べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です