世界経済フォーラムにペルー日系人シェフ参加

sato
世界経済フォーラム(スイス ダボスで開催)でペルー日系人シェフが世界デビューしました。
 
1月23日から27日まで開催されるダボス世界経済フォーラムで、
ペルーで最も人気のあるレストラン「コスタネラ700」のオーナーシェフ ウンベルト・サトウ氏と
同店のシェフで息子のヤキル・サトウ氏が世界のトップにペルー日系料理を提供することになりました。
このダボスには世界中から約1500人の著名な経済人が集まります。
これに合わせて世界各国から50人近いシェフが招待されて、料理をふるまいます。
ウンベルト・サトウ氏もその中の一人に選ばれました。
サトウ氏は、ペルー料理、日本料理ばかりでなく、地中海料理、中華料理も提供するそうです。
レストラン「コスタネラ700」は、リマ市の有名な商業地ミラフローレスにあります。
寿司などの日本料理だけではなく、伝統的なペルー料理もメニューにあります。
大統領も来店したことがあり、ペルーでは高級料理店として認識されています。

Comments are closed.