女性が偽100ヌエボソル札で支払いを済ませようと。

image_content_high_46912483_20140408194126

日本では、信じられませんが、ペルーのほとんどの人が、偽札と本物の見分け方を知っています。

↓から本文になります。

女性が偽100ヌエボソル札で払おうとした

 

女性(36才)は薬局にて、偽札とは知らずにそれで払おうとした。

 

まず子供を連れたその女性は、偽札と知らずに、薬局のレジにてお会計しようとした。このお札を受け取った店員は、おそらく偽札だと思い、警察に連絡した。その後、女性は警察から身分確認を受け、警察によると、おそらく彼女は、他の場所でこの偽札を渡されたそうだ。

 

不思議なことに、旧札の時は、偽札と本物は識別しやすかった。なぜなら、作りが粗く、防犯用のシールもほとんどはがれていたりしたが、現在、とても巧妙な偽札が出回っている。警察は、出本を調べるため調査するそうだ。

引用:El correo

こちらから原文を読むことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です