ペルーで撮られたセルフィ(自分撮り)が、25万$の価値!?

serfie patada

動画を見ましたが、なかなか衝撃でした。

↓から本文になります。

ビデオは、若者がマチュ・ピチュへの道を歩いていた時に撮られたものだ。Jared Michael Frankは、クスコからマチュピチュに行く電車の線路近くで自画撮りをしようとした。その瞬間、運転手の一人によって蹴りを受けた。

全ては、ビデオによって撮られており、現在2400万回以上が、you tubeで再生されている。

 

彼は、頭部にダメージを受けたが、その代わりにこのビデオに対する使用権と広告料によって莫大な報奨金を受け取るだろう。専門家によると、彼は3万$~25万$を受け取るとのことだ。

 

インタビューによると、彼はそのお金を学費とペルーへ旅行するために作った借金の返済に充てるようだ。

引用:El comercio

こちらから原文を読むことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です