Magdalena地区の約60の学校が防災訓練に参加するだろう

ダウンロード

最近チリで大きな地震が起きました。ペルーでは、地震の後に、気づいたように、市や学校が地震や津波に対する防災訓練を行っています。それに対して、国民が来る前にやるべきだと怒っています。

↓から本文になります

この防災訓練は自警団が主体として行い続けている。昨日は、Miguel Grau学校で1000人以上の生徒が参加して防災訓練が行われた。結果、二人の子供がけがを負った。

 

避難時間は7秒であった。magdalena自警団によると、この活動は、予防の大事さを伝え、更に幼児を無事に守ることを目的として行っている。

引用:La  Republica

こちらから原文を読むことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です